通関士合格通信講座

通関士合格セミナーTOP > 合格体験記 > 第47回通関士試験合格体験記(M.O. 様)

第47回通関士試験合格体験記 (M.O. 様)


平成24年試験で不合格となり、二回目の平成25年の第47回試験で合格することができました。

貿易のプロとなるべく貿易アドバイザー試験の資格を取得後、通関士試験に挑戦しました。
初回の受験の際に片山立志先生の書籍『通関士スピード学習帳2012』で独学しましたが、通関実務で届かず不合格となりました。

二回目の挑戦にあたり、本質的な理解が不足しているのではないかと思いマウンハーフジャパンの通信講座を受講することにしました。

マウンハーフジャパンの講座を選んだ理由は、他社の講座と比べてリーズナブルなこと、片山先生の執筆した講座であることです。テキストは期待通り大変分かりやすい内容でした。

通信講座のテキストを繰り返し通読した後、9月から過去問と通関実務対策に取り組みました。平日は一日3時間、土日は一日8時間の集中学習を行ないました。前回試験で不合格となった反省から、理解が不足していると感じた部分は通信講座のテキストに戻って読むことを心がけました。また、通関実務の申告書問題と計算問題については、必ず時間を図りながら実際に回答を作成することを心がけました。分類問題の勉強で役にたったのは、片山先生の『通関士試験テーマ別問題集2013年版』の巻末付録である「関税率表徹底攻略カード」です。通勤時間を利用しカードを暗記することで、点数を稼ぐことができたと思います。

私は他の国家試験もいくつか合格していますが、通関士試験は簡単そうに思えて格段に難しくなってきている試験だと思います。しかしながら、マウンハーフジャパンの講座を利用し、本質的な理解に努めることで合格に近づくと思います。大変ありがとうございました。